シニアの金言

百貨店、30分が限界。

72歳女性

長い外出が結構こたえる

電話がかかってきてもサッと取れない、郵便や誰か来た時は、「ちょっと待ってて」からが長い。長いお出かけも困る。百貨店でも30分回ったら疲れて来る。毎週3回は接骨院や整形に通って、揉んでもらっているんだけどねえ。

シニアの金言を読み解く

70歳が体力や健康に不安を感じる一つの節目と言ってよい。
そんなシニアに選ばれる要素が加齢への思いやりだ。
店内の所々にいすを置き、疲れたら休めるようにした百貨店。
体がぶつからないよう、テーブルの間隔も広めに取られているコーヒーショップ。
ことさらシニアと言わなくても、おのずから選ばれるのは、そんな何気ない気配りだ。

詳しくは

https://www.nspc.jp/senior/archives/46/

シニアの金言 ご利用にあたっての注意事項

当コンテンツの内容は、日本SPセンター シニアマーケティング研究室に帰属します。
転載はご自由ですが、「日本SPセンター シニアマーケティング研究室ホームページより引用」との一文の追記をお願いします。

<シニアマーケティングに関するお問い合わせ>こちらのメールアドレスにお気軽にご連絡下さい。

このページの先頭へ