データの小窓

データ図表だけをチョイスし、
アーカイブ化しました

データアーカイブス

100分/日を超えた! 60代男性のネット利用時間。

 前回のコラムでは「ネットを軽やかに使いこなすシニア」を
取り上げたが、他のメディアはどうなのだろうか? 
本コラムでは、総務省「平成26年情報通信メディアの利用時間と
情報行動に関する調査」(平成27年5月リリース)から、
60代シニアとメディアの関係を見て行きたい。

 まずは各メディアの接触時間を見てみよう。
このデータは利用しない人は平均の対象から外されているので、
かなり実態に近い数字になっていると思う。

 比較対象は、テレビ(リアルタイム)、テレビ(録画)、
ネット、新聞、ラジオの5つのメディア。
図1.は平日と休日の比較、図2.は男女別の比較だが、
いずれもリアルタイムのテレビの視聴時間が圧倒的に長い。
平日で約4.6時間、休日には5.5時間テレビと接しているから驚きだ。
 男女別では新聞を除き、いずれも女性の方が接触時間が
長くなっている。(平日比較) 

スライド1 

スライド2

 テレビに続くメディアとしてラジオも依然としてシニアに高い
支持を得ている。特徴的なのは、男女別の平均視聴時間。
女性のラジオ聴取時間は男性の2倍に上っている。

 親しいメディアとしてテレビとラジオが双璧なのは肯けるが、
この2つのメディアはいずれも「ながら視聴」が可能なメディア
でもある。その意味ではネットの接触時間の長さは注目に値する。

 とくにスコアの高いのが男性。利用者1日あたりの接触時間は、
約1時間45分。1000文字程度の1ページ当たりの滞在時間を
1分と仮定しても、世の中の60代男性は1日あたり平均
100pvの計算になる。
 ネットの場合はラジオと真逆で、男性の接触時間が女性の2倍に
なっていることも特徴的だ。

スライド3

スライド4

 図3.図4.はそれぞれ、平日と休日のテレビの時間帯別の
行為者率をグラフ化したものである。世代別・性別・平日休日を
問わず、朝・昼・晩のトリプルピークを形成している状況は同じ
であるが、どの時間帯を取り上げても、60代は他の年代を圧倒
している。とくに平日の朝、7~9時台のテレビ視聴で60代女性が
頭一つ抜け出ている。

 最後に興味深いデータをご紹介しよう。図5.はテキスト系
メディアの利用者の平均利用時間を世代別、メディア別に比較
したものである。

 注目すべきはテキスト系サイト(※)の平均接触時間。
20代の127.8分は各世代を通じてダントツだが、
なんとそれに続くのが60代なのである。
 平均接触時間は85.3分に及び、30~50代の働き盛り世代を
いずれも僅差ながら凌駕している。

スライド5

 以上駆け足でみてきたが、ネット、とくにテキスト系サイトへの
親和性が、世代を問わずに高まっている傾向が見て取れる。
 このコラムではあえて各メディアの利用率には触れなかったが、
こと利用者に関する限り、ネットはシニアの暮らしの一部に
なったと言えよう。

日本SPセンター シニアマーケティング研究室 中田典男

※テキスト系サイト:ブログ・Webサイト・ソシャルメディアの合計。
動画投稿・共有サイトやⅤODは含まない。

<シニアマーケティングに関するお問い合わせ>こちらのメールアドレスにお気軽にご連絡下さい。

このページの先頭へ