シニア市場に特化した
調査・分析・企画・
コピーライティング・デザイン

株式会社日本SPセンターが運営する
シニアマーケティングに関する専門サイトです。

whitepaper【47】シニア市場の細分化及びニーズ発見のためのフレームワーク 改定第4版

 日本の高齢者人口は3,600万人を超え、全人口の30%近くに及びます。この人口を一つの市場と捉えるのは最早無謀な試みと言えます。そこで、私どもシニアマーケティング研究室では、シニア市場をそれぞれ4つの類型に分けることを手始めにした、市場へのアプローチを提唱して参りました。

 即ち、アクティブシニア・ディフェンシブシニア・ギャップシニア・ケアシニアの4つの特徴あるグループのことです。それぞれ、就労健常人口・非就労健常人口・有訴者人口・要介護等認定人口と考えていただければ理解が早いでしょう。

内訳の詳細はwhitepaperをご覧ください

 
 当研究室では、それぞれの人口の変化を考慮して、近年では毎年、最新のデータをアップデートしております。本稿はその改定第4版です。多少の数値には当然変動がありますが、大きな趨勢で見ると、昨年一昨年とドラスティックな傾向の変化はありません。それぞれの類型が高齢者全体に占める割合も、一定のパーセンテージに落ち着いているかに見えます。

 本稿では、4類型の定義や解説だけではなく、それぞれのニーズや対応する製品・サービスまで、2軸4象限のマトリックス上に配置して、俯瞰できるようにしています。本稿が、シニア市場へのファーストアプローチの足掛かりになれば望外の喜びです。

      株式会社日本SPセンター シニアマーケティング研究室 中田典男

 

ダウンロード用パスワードをお持ちの方

初めてご利用の方

人気の記事

    • whitepaper【27】シニア市場の細分化及びニーズ発見のための戦略的フレームワーク 【改定第3版】

    • Whitepaper【06】シニア市場の細分化及びニーズ発見のための戦略的フレームワーク【改定第2版】

    • ディフェンシブ・シニアとは?White paper【09】シニアに向けて10の切り口(ディフェンシブ・シニア編)を公開

    • ギャップ・シニアとは?White paper【10】シニアに向けて10の切り口(ギャップ・シニア編)を公開

    • whitepaper【25】シニアに伝える、シニアにわかるための作文技術10のポイント