最新トレンド発信ブログ
室長の小部屋

シマ研シニアビジネスウェビナー 
2030年の高齢社会に向けて ビジネスを考える(1)

 シニアマーケティング研究室では、シニアビジネスを考える方々のヒントになるウェビナーを配信しております。youtube配信で、視聴は無料。会員登録も不要。約33分の動画です。昼休みや移動のときに気軽に視聴していただければと思います。

2030年高齢社会に向けてビジネスを考える 第1部(youtubeにリンク)
 日本の高齢化は世界一早いと言われています。如何に、高齢化する日本の活力を維持するか。≒如何に、私たち自身の活力を維持するか。
 企業市民および市民の大きなタスクで、高齢者も活躍することが期待されています。

 2021年現在、高齢者人口(65歳以上人口)は、およそ3,600万人。総人口に占める高齢化率は28%。(令和2年版高齢社会白書より)
 2030年には高齢者人口はおよそ3,700万人。総人口に占める高齢化率は31%を超えると推計されています。(日本の将来推計人口報告書より)

 そのとき、社会の活力はどうなるか?
 大切な役割を果たすと思われるのが、2030年の新シニア。つまり2021年現在のプレシニアです。

 60歳、65歳になっても健康で、働くなど活躍する高齢者が増加すれば、社会全体の活力につながります。
 より健やかで幸福度の高い2030年を実現するためには、プレシニアに対してこの10年、何を提案・提供するか。そして10年後の2030年、何を提案・提供するか、重要になっていくと考えます。

2030年にむけて、何を提案・提供するか?

 2030年の高齢社会に向けて、何を提案し、何を提供することが、プレシニアにとって大切なのか?考えるためのヒントとなるデータや世の中の傾向などを見ていきます。

 上記の視点から解説しています。視聴は無料。メルマガ登録も不要。ぜひ、ご視聴ください。

 引き続き第2部(全2部予定)を準備中です。完成・配信始めましたらまた、メルマガ等でお知らせします。

シニアマーケティング研究室 石山温子

<シニアマーケティングに関するお問い合わせ>こちらのメールアドレスにお気軽にご連絡下さい。

このページの先頭へ