最新トレンド発信ブログ
室長の小部屋

whitepaper「シニアのギャップ-コミュニケーションにおける加齢現象とその対策」を公開

 歳を重ねると、加齢の影響でできないことが増えてくる。この「したい」けれども「できない」ことを当研究室では「ギャップ」という言葉で表現している。このギャップがマーケティングコミュニケーションへ与える影響とその対策をまとめてみたものがこのホワイトペーパーである。

A4サイズ 16ページ

シニアとのコミュニケーションで配慮すべき主なギャップは以下の4つである。

 これらを理解し、その対策を施すことで、シニアに対して「見える、読める、聞こえる、わかる、そして響く」コミュニケーションが可能になる。伝えたいことが、シニアに「この色使いで見えるか」「この文字の大きさで読めるか」「この文章やビジュアルでわかるか」「この表現で心に響くか」を確認することがシニアへのアプローチの第一歩である。

詳しくは以下からホワイトペーパーをダウンロードしてご覧いただきたい。
 (無料、要メールアドレス登録)

ダウンロード用パスワードをお持ちの方

初めてご利用の方

メールアドレス (必須)

   株式会社日本SPセンター シニアマーケティング研究室 倉内直也

<シニアマーケティングに関するお問い合わせ>こちらのメールアドレスにお気軽にご連絡下さい。

このページの先頭へ