用語集

な行

用語一覧

日常生活に影響のある者率
(にちじょうせいかつにえいきょうのあるものりつ)

人口1,000人当たりの「現在、健康上の問題で、日常生活動作、外出、仕事、家事、学業、運動等に影響のある者(入院者を除く)」の数。2013年現在では、258.2と有訴者率の約半分になっている。年齢階級別、男女別にみると、年齢層が高いほど上昇し、また、70歳代後半以降の年齢層において女性が男性を上回っている

逃げ切り世代
(にげきりせだい)

老後安泰世代のこと。「何から逃げ切ったか」によって、捉え方は多々。リストラにあわず退職金を得て年金支給を60歳から得られた世代を呼ぶこともあれば、団塊の世代を呼ぶことも、その下の世代を呼ぶこともある。より少ない人数で高齢者を支える若い世代から、皮肉を込めて使われることもある

日本再興戦略2016
(にほんさいこうせんりゃくにせんじゅうろく)

安倍政権が2016年に掲げた、名目GDP600兆円に向けた日本の成長戦略。①「第4次産業革命」の実現による、新たな有望成長市場の創出・拡大 ②国家戦略特区の活用など、生産性の抜本的向上 ③国内外のトップ人材を集め、新たな産業構造への転換を支える人材強化などを柱とする

入眠困難
(にゅうみんこんなん)

寝床に入ってもなかなか寝付かれない症状。加齢とともに症状を有する者の率が、男女ともに高くなる。80歳以上では男性30%、女性40%(1997年秋実施、全国疫学調査)が入眠困難。睡眠薬を常用する人も多い。高齢者に多い周期性四肢運動障害やレストレスレッグス症候群による場合もある

認知症サポーター
(にんちしょうさぽーたー)

認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする人。認知症患者ができる限り地域で生活を続けられる環境をつくるために、全国で養成されている。養成講座が、地域や企業、小・中・高等学校などで開催されている

認知症特化型保険
(にんちしょうとっかがたほけん)

「認知症対応」を前面に打ち出した保険。脳血管性やアルツハイマー型などの認知症と医師に診断され、「時間」「場所」「人物」のいずれかを認識できない状態が一定期間(半年など)継続した場合、一時金が支給される。認知症患者500万人時代を迎え、保険商品では異例のヒットとなっている

濡れ落ち葉・ワシモ族
(ぬれおちば・わしもぞく)

いずれも妻から離れない夫の表現。前者は払ってもなかなか離れない濡れ落ち葉に準えている。後者は妻が出かけようとすると「ワシも」と妻にくっついて行く様。社会的ネットワークの規模が小さい、家事遂行能力が低い、コミュニティ力の低い男性は、配偶者への依存度が高いと考えられる

熱中症
(ねっちゅうしょう)

高温環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体内の調整機能が破綻。発汗できず熱がこもった状態になり、けいれんや頭痛などさまざまな症状があらわれ、死に至る場合もある。高齢者は熱中症をおこしやすいため、こまめな水分補給を促したり、トイレを利用しやすい環境づくりが大切

年金支給開始年齢
(ねんきんしきゅうかいしねんれい)

公的年金の受給開始年齢は原則65歳。60歳から受給する場合は繰上げ受給で減額、65歳より1年遅らせると約8%増額。内閣府有識者検討会では、各人の選択で70歳より後に遅らせる案もでている。高齢者の労働市場が活性化すれば受給繰り延べが可能となり、財政は健全化

年金支給日
(ねんきんしきゅうび)

国民年金、厚生年金の支給日は偶数月の15日。 2ヶ月分の年金がまとめて支払われる。15日が土曜日または日曜日のときは金曜日に、祝日のときは、直前の平日に支払われる。このタイミングに合わせ流通業界では「シニア割引」や「ポイントアップ」を実施してシニアの集客を図っている

<シニアマーケティングに関するお問い合わせ>こちらのメールアドレスにお気軽にご連絡下さい。

このページの先頭へ